CONCEPT

PALETAS CONCEPT IMAGE

PALETAS IS

PALETAS は旬の時期に収穫される新鮮なフルーツを、果汁やジェラート、ヨーグルトなどに閉じ込めた frozen fruit bar です。

PALETASのフルーツは産地や生産者にこだわり、果汁も果実も可能な限り厳選した国産のものを使用しています。

フルーツが凍っていても柔らかく食べられる技術を開発し、自然の甘味や果汁を使うレシピにこだわっています。

PALETASが厳選した国産フルーツを、様々な素材とともにお届けします。

  • PALETAS CONCEPT IMAGE2
  • きっかけは、石垣島のパイナップル!
    旬のフルーツを、美味しく食べてもらいたい。そんな思いからスタートしたPALETAS。きっかけは、アイデアマンの社長が沖縄県の石垣島で出会ったパイナップルでした。まじめに作られたパイナップルは、味は抜群。でも、ちょっと小さかったり、形が良くなかったりと些細なことで規格外になってしまいます。そんな店頭に出回らないフルーツをなんとか活かす方法はないかと考え、辿り着いたのが今のスタイル。青森県のラズベリー、宮崎県のグレープフルーツ、和歌山県のオレンジ、宮古島の島バナナ、そして、宇和島のブラッドオレンジなどなど、農家さんとの出会いや繋がりによって、ひとつひとつの商品が生まれているのです。
    美味しさを追求したら、健康志向になりました!
    そのまま食べても十分美味しい国産のフルーツの魅力を最大限活かしながら、フルーツの新しい食べ方を提案し続けるPALETAS。その商品開発に、妥協はありません。なるべく国産の原料を使い、届けられるフルーツは完熟状態で収穫されるものばかり。その分、味わいが濃厚で自然の甘酸っぱさに満ちているので、フルーツをふんだんに使い余計な加糖をセーブでき、食後感もスッキリ。香料や着色料使わない分、手にした時の香りは少ないけれど、口の中で果汁や果実が溶けてはじめて香るフルーツのフレーバーに驚くはず。結果、まるでフルーツをそのまま食べているような、ヘルシーな冷たいスイーツになりました。

Page Top